ホームページ制作、ネットショップ開業・運用、SNS運用など、インターネットに関する事業支援を致します

[Googleスプレッドシート] IMPORTXML関数でメタキーワードを取得する

更新日
2022年6月16日

GoogleスプレッドシートでA列にURLを入力すると、B列へ自動的にmeta description(以下、メタディスクリプション)を表示したいと思い、調べて対応しましたのでその際の備忘録として。

今回のこの要望を実現するためにIMPORTXML関数を利用します。IMPORTXML関数の第一引数にURLを、第二引数にXPATHを入力しますが、メタディスクリプションのXPATHは以下の通りとなります。

IMPORTXML(URL,"//meta[@name='description']/@content")

メタディスクリプションのXPATHがわかりましたので、A列にURLを、B列に上記の式を入力します。

=IMPORTXML(A2,"//meta[@name='description']/@content")

A2にURLを入力し、B列に式を入力した結果が以下となります。

IMPORTXML関数でメタディスクリプションを取得する図
IMPORTXML関数でメタディスクリプションを取得する図

SEO対策を行う上で「メタディスクリプションを一覧を素早くまとめたい」といった場合にとても役立つ小技と思います。

  • なんでも相談

    中田勝久ICTよろず相談所は、ホームページ制作、ネットショップ開業・運用、ブログ運用、SNS運用などインターネットに関する事業支援を行なっております。

    どんな些細な疑問や質問でも気軽にお問い合せ下さい。