ホームページ制作、ネットショップ開業・運用、SNS運用など、インターネットに関する事業支援を致します

[サーチコンソール]ドメインプロパティを追加する(Xserver編)

更新日
2021年10月11日
作成日
2021年7月13日
本記事はGoogle Search Console にドメインプロパティを追加したいとお考えの方で、Xserverでドメインを管理している方向けの記事となります。

今回はXserverで管理しているドメインでGoogle Search Consoleのプロパティ追加でドメインを選択した場合の追加方法を紹介します。

プロパティを追加

まずはGoogle Search Console(https://search.google.com/search-console/)にアクセスして、画面左上のメニューから「プロパティを追加」を選択します。

すると「プロパティタイプの選択」という画面が開きますので、追加したいドメインを入力します。
(※https:// は必要ありません)

今回は、「ict-yorozu.com」というドメインを例に説明を進めていきます。

Google Search Console プロパティタイプの選択画面
Google Search Console プロパティタイプの選択画面

ドメインを追加して続行ボタンを押すと、「DNSレコードでのドメイン所有権の確認」という画面が開きます。

DNSレコードでのドメイン所有権の確認

1.に記載されている「ドメイン名プロバイダにログインします」というのはドメインを管理しているサイトにログインするという事になりますので、今回のケースではXserverにログインします。

2.の「以下のTXTレコードをドメインのDNS設定にコピーします」という箇所はXserver管理画面にログインして作業を行います。コピーというボタンがありますので、コピーしてメモ帳などに貼り付けておくか、この画面を残したまま、別タブなどでXserverにログインします。

Xsever管理画面にログインする

Xserverの管理画面(https://www.xserver.ne.jp/login_info.php)にログインします。

管理画面にログインすると、ドメイン項目に「DNSレコード設定」がありますので、それを選択します。

Xsever DNSレコード設定
Xsever DNSレコード設定

次の画面ではドメイン選択画面が開きますので、該当のドメイン「ict-yorozu.com」を選択します。

ドメイン選択画面

DNSレコード設定画面が開きます。

使用前のご注意事項がありますので、よくお読みになってから作業をしてください。

現在の設定内容を書き換えてしまうとドメインがホームページやメールが正しく動作しなくなる事も起こりえますので、作業は慎重におこなっていただきますようにお願い致します。当記事を参考にして万一トラブルや損失・損害等が生じた場合につきましては一切責任を問わないものとします。ご不安な方は正式にご相談・ご依頼いただきますようにお願い致します。
DNSレコード設定 使用前のご注意画面
DNSレコード設定 使用前のご注意画面

DNSレコード追加タブを選択して以下のような画面を開きます。

DNSレコード追加画面
DNSレコード追加画面

種別:TXT
内容:Google Search Console「DNSレコードでのドメイン所有権の確認」で表示された文字列
※google-site-verification=xxxxxxxx(xxxxxxxxの箇所は固有の文字列)

これらを入力して「確認画面へ進む」を押して入力内容に間違いがなければそのまま登録します。

登録が完了するとDNSレコード一覧タブを選択し、該当のドメイン「ict-yorozu.com」のDNSレコード一覧を確認すると、先ほど入力したTXTにgoogle-site-verification=xxxxxxxxという文字列が追加されている事がわかります。

これまでの作業でXserver管理画面での設定は完了です。

Google Search Console画面に戻る

DNSレコードでのドメイン所有権の確認」に戻って「確認」ボタンを押します。

DNSレコードでのドメイン所有権の確認

確認ボタンを押してOKであれば、以下のような画面が出て、Google Search Consoleでの設定も完了となります。

Xserver管理画面でDNSレコードを追加したばかりですと、いかのようにエラーが出る場合があります。その場合はDNSレコードの更新に時間がかかっている可能性が考えられます。少し時間を置いてから再度プロパティの確認ボタンを押すと所有権の確認が完了できます。

以上となりますが、Google Search Consoleドメインプロパティを追加する(Xserver編)でした。

Xserver管理画面でのご案内にもありましたが、DNSレコードの追加は専門的な知識が必要となる作業です。もしも謝った手順で作業をしてしまいますと、ホームページが閲覧できなくなる、メールの送受信ができない、などの不具合につながる場合もあります。

ご自身での設定がご不安という方がいらっしゃいましたら、Google Search Console導入代行いたします。

お問い合わせページからお気軽にお問い合わせください。

  • なんでも相談

    中田勝久ICTよろず相談所は、ホームページ制作、ネットショップ開業・運用、ブログ運用、SNS運用などインターネットに関する事業支援を行なっております。

    どんな些細な疑問や質問でも気軽にお問い合せ下さい。