EC-CUBE4のバージョンアップをプラグインを使って行う

更新日
2022年8月4日
作成日
2020年10月15日
本記事はEC-CUBEバージョン4.0.3を使い記事を執筆しています。

EC-CUBE4のシステムバージョンアップを行う方法ですが、アップデートプラグインを使う方法がとても簡単です。私もプラグインを使った方法でアップデートを行いました。

その他の方法については開発者向けのアップデート方法もあります。

EC-CUBE4の管理画面にログインした状態で、「オーナーズストア」 > 「プラグイン」 > 「プラグインを探す」から「アップデート」とキーワードを入力して検索すると表示されます。

上記は4.0.4〜4.0.5へのバージョンアッププラグインの例です。すでにインストール済みのため、インストール済みと書かれています。

さらに画面をスクロールしてみると、4.0.2〜4.0.3、4.0.3〜4.0.4…など、各バージョンからのアップデートプラグインがあることがわかります。

私はEC-CUBE4のインストール時のバージョンが4.0.3でしたので、以下の2種のプラグインをインストールしました

  • EC-CUBEアップデートプラグイン(4.0.3〜4.0.4)
  • EC-CUBEアップデートプラグイン(4.0.4〜4.0.5)

インストール後は、「オーナーズストア」 > 「プラグイン」 > 「プラグイン一覧」 から

  1. EC-CUBEアップデートプラグイン(4.0.3〜4.0.4)を有効化
  2. 有効化したプラグイン(4.0.3〜4.0.4)の歯車のアイコンを押して画面の指示に従ってアップデート
  3. EC-CUBEアップデートプラグイン(4.0.4〜4.0.5)を有効化
  4. 有効化したプラグイン(4.0.4〜4.0.5)の歯車のアイコンを押して画面の指示に従ってアップデート

という手順で最新版4.0.5にアップデートすることができました。

私はまだネットショップの構築段階でしたので、バックアップ(サイトデータとデータベース)を行わずにアップデート作業を行いましたが、運営中のサイトの場合は必ずバックアップ作業を行なってからバージョンアップを行うのが良いです。

今回はプラグインによるEC-CUBE4のシステムバージョンアップの方法をお伝えしました。

プラグインを使わずコマンドラインにて行う(開発者向けの)アップデート作業も可能です。以下は参考にページのURLを記載します。

EC-CUBE本体のバージョンアップ
(EC-CUBE 4.0 開発者向けドキュメントサイト)
https://doc4.ec-cube.net/update

  • 有償のサポートを希望する

    ICTよろず相談所は、ホームページ制作、ネットショップ開業・運用、ブログ運用、SNS運用などインターネットに関する事業支援を行なっております。