ホームページ制作、ネットショップ開業・運用、SNS運用など、インターネットに関する事業支援を致します

パスワード不要でロリポップにSSHでログイン(Mac ターミナル使用)

更新日
2022年8月8日

レンタルサーバーのロリポップ(ハイスピードプラン)ではSSHの提供を行っていますので、SSHによるサーバーへのログインが可能です。

SSHでの作業が増えるにつれログインする度にパスワードを入力するのが煩わしく感じますので、Macのターミナルを利用して公開鍵・秘密鍵を生成、パスワード不要でロリポップにSSHでログインできるように設定します。

ロリポップにSSHでログインできるように設定する

ロリポップにSSHで接続するには、ロリポップの管理画面にログイン後「サーバーの管理・設定 > SSH」の画面にSSHを有効にする必要があります。

以下のイメージはSSH有効後のスクショですが、サーバー・アカウント・接続ポート・SSHパスワードはしっかりと保管しておきます。

レンタルサーバー ロリポップ SSHを有効としている図
レンタルサーバー ロリポップ SSHを有効としている図

上記で確認したアカウントとサーバーを以下のコマンド箇所に入れてターミナルにて実行します。

ssh アカウント@サーバー -p 2222

正常にSSHに接続しようとするとパスワードの入力を聞かれますので、SSHパスワードを入力してログインします。

ログインが無事に行うと以下のような画面表示となります。

アカウント@サーバー’s password:
[アカウント@xxxxxx ~]$

ロリポップ(ハイスピードプラン)にSSHでログインする方法はこれで完了です。

続いてタイトルに記載しましたパスワードレスでロリポップにSSHでログインする方法について記載します。

パスワード不要でロリポップにSSHでログインできるように設定する

ロリポップにSSHでログインして行う作業 ①

まずはロリポップにSSHでログインしている状態で作業を行います。

(1).sshディレクトリを作成する

mkdir .ssh

Macのローカル環境で行う作業として公開鍵と秘密鍵を作成しますが、公開鍵をアップロードする場所をロリポップのサーバー側で用意する作業です。

.sshディレクトリはロリポップにログインした状態のルート直下(/home/users/2/アカウント名/.ssh)に作成します。

以下は.sshディレクトリを作成した図です。

ここまでの作業で一旦ロリポップからSSH接続を終了します。

exit

ロリポップからSSH接続を終了して作業環境をMacに移します。

Macのローカル環境で行う作業 ①

(1)作業ディレクトリ(~/.ssh)に移動する

sshの秘密鍵を保管する場所(~/.ssh)にて作業を行いますので、ディレクトリを移動します。

cd ~/.ssh

(2)公開鍵・秘密鍵を生成する

ロリポップサーバーにSSHでパスワードレスでログインするために公開鍵と秘密鍵の鍵ペアを作成します。

ssh-keygen -t rsa

上記コマンドを入力すると、以下のようなメッセージが表示されます。

Generating public/private rsa key pair.
Enter file in which to save the key (/Users/xxxxxx/.ssh/id_rsa):

何も入力せずにエンターキーを押下すると id_rsa という名前の公開鍵と秘密鍵が生成されますが、ここでid_lolipop_rsaなどと入力すると id_lolipop_rsa.pub / id_lolipop_rsa の名前の公開鍵と秘密鍵が生成されます。

(3)公開鍵をアップロードする

scpコマンドで公開鍵をアップロードします。

scp -P 2222 /Users/xxxxxx/.ssh/id_lolipop_rsa.pub ロリポップのSSHアカウント名@ロリポップのSSHサーバ:/home/users/2/yyyyyy/.ssh/

xxxxxxはMacのアカウント名(パソコン名)
yyyyyyの箇所はロリポップアカウント名

以下は、FTPなどでファイル構成を確認した図です。ルート直下ディレクトリ.sshにid_lolipop_rsa.pubがアップロードされました。

ここまでの作業が完了したら、再度ロリポップにSSHでログインして作業を行います。

ロリポップにSSHでログインして行う作業 ②

再度SSHでロリポップにログインして、.sshディレクトリに移動します。

cd ~/.ssh

アップロードした公開鍵のファイル名をauthorized_keysに変更し、ファイルのパーミッションを600に更新します。

mv id_lolipop_rsa.pub authorized_keys
chmod 600 authorized_keys

ここでロリポップでの作業は一旦終了しますので exit コマンドでログアウトします。

exit

最後の仕上げにMacからパスワードレスでログインするための設定を行います。

Macのローカル環境で行う作業 ②

再び作業ディレクトリ(~/.ssh)に移動します。

configがすでにあればconfigファイルに追記する形となりますが、configがなければconfigファイルを追加し、以下のようにSSHログインに必要な情報を記載します。

configファイルの編集は、ターミナルでviエディタで編集するか、MacのFinderで~/.sshに移動してVSCodeなどのエディタで編集するなどしてください。
Host lollipop-ssh
  HostName サーバー名
  Port 2222
  User アカウント名
  IdentityFile ~/.ssh/id_lolipop_rsa
  IdentitiesOnly yes
  UseKeychain yes
  AddKeysToAgent yes
  ServerAliveInterval 60

configファイルの保存が完了したら、ターミナルにてssh lollipop-ssh と入力してSSH接続ができるか確認します。

初回接続時はパスフレーズの入力を求められますが、キーチェーンアクセスにパスフレーズが保存されると2回目以降はパスワード不要でログインができるようになります。

xxxxxx@xxxxxx ~ % ssh lollipop-ssh
[アカウント@xxxxxx ~]$

今回のconfigのHost例は lollipop-ssh としましたが、Hostは半角で自由な表記で設定できますので自分でわかりやすい名称にしてログインしてみてください。

以上、パスワード不要でロリポップにSSHでログイン(Mac ターミナル使用)でした。

  • なんでも相談

    ICTよろず相談所は、ホームページ制作、ネットショップ開業・運用、ブログ運用、SNS運用などインターネットに関する事業支援を行なっております。

    どんな些細な疑問や質問でも気軽にお問い合せ下さい。