WordPress|get template part で変数を受け渡す方法

更新日
2022年11月22日
作成日
2022年1月8日

本日はWordPressのテーマ作成時にテンプレートを呼び出す関数 get_template_part で変数を受け渡す方法について備忘録です。

get_template_part関数の関数リファレンスにもその方法が掲載されています。

get template partの関数リファレンスを確認すると、テンプレートに変数を渡すという見出しがあります。そこには set query var を利用することで変数を受け渡すことが可能と説明されています。

get template partでテンプレートを読み込む前にset query varで変数に値を設定してあげれば良いことがわかります。

get template part で変数を受け渡す 参考のソースコード

get template part で読み込む側

set_query_var( 'is_ict_test', true );
get_template_part( 'test_template' );

テンプレート側

今回はtest_template.phpというファイル名で読み込むことを想定しています。

if ( !isset($is_ict_test) ) $is_ict_test = false;

if ( $is_ict_test ) :
  // trueの時の処理
  echo 'set_query_varで$is_ict_testにtrueがセットされました';
else :
  // falseの時の処理
endif;

以上、簡単ですが、get template part で set query var を利用して変数を受け渡す方法でした。

  • 有償のサポートを希望する

    ICTよろず相談所は、ホームページ制作、ネットショップ開業・運用、ブログ運用、SNS運用などインターネットに関する事業支援を行なっております。